火災保険はどこがいいの?安い保険を見極める方法!

火災保険はどこがいいの?安い保険を見極める方法!

火災保険はどこがいいの?安い保険を見極める方法とは

 

 

建物の本質が保険金額とイコールになるように頼みにするのがはじめ建物の価値が保障の額と等しくになるように依頼するのが基本

 

火災保険の意図は、災害により建物などが被った損失分を「穴埋め」しておくことです。

 

その影響を受けて、建物などの一番大きい損害額を見積もり、それを保障の額として設定します。保険金額とは、トラブルが発生したときに、保険会社からいただける保険金の限度額です。

 

受け取れる保険金は、いくらのダメージを受けたかで決まり、受け取る金額を本人が決められる性格のものではありません。一般的に 締結した時に設定する火災保険金額は、私たちが自由に決められるものではなく、建物の構造などから決まる現在の「建物の価値」を、保険金額とイコールとして設定するのが基本ルールとなっています。

 

今ではよく聞く火災保険上の「建物の価値」は、実際の不動産取引における市場価格とはまったく異なり、建物の構図とトータルフロア積、築年数などそれなりの要素から損保会社および代理店により算出されるものです。

 

一番いいのは これ以外の条件がどうにも同じなら保険金額が低いほど保険料はプラスになりますが、かといって保険の金額を低くすれば、失った建物を新たに入手するための保険金額は受け取れず、また設定した保険の金額が実態よりも一定率以上低ければ、受け取れる保険金額が削減されることもあるでしょう。大雑把に言うと 実態よりも保障の金額を低くしては、いざというとききちんと保険を使いこなすことができず、何のための火災保険なのか、わからなくなってしまいます。

 

一方で、家財の保障の額は、保険会社がお知らせする世帯主の年齢と家族構成に基づく家財金額を参考にしたり、わが家の実態をざっくりと理解したり、それに応じて自由に保険金額を決めてもかまいません。

 

「保険料を安くしたいなら、保障を削ればいい?」はっきり言って、火災保険の補償の手厚さと保険料は比例します。だからといって、保険料を減額する案件を優先するあまり、必要な保障まで削ってしまうようなことは避けなければいけないのです。

 

当たり前の事ですが 災害によるダメージは、家計に壊滅的なダメージを及ぼす可能性があります。

 

「災害に遭わないよう」そして「遭っても必要最小限の被害で済むよう」な対策を打つことはもちろんですが、それでも起きてしまった時の経済的な対策として適切に保険になると加入しておくケースがとても大切になります。

 

当たり前の事ですが わが家はどんなようなダメージを受ける危険性が大きいのか「ハザードマップ」などを用いて確認し、その前提に立って火災保険でどのような保障をどれくらい確保することが望ましいなのか判断しましょう。

 

頭に入れておいてほしいことはこのステップをたどり、例えば「わが家の高層階だから水災には遭うことがない」など、被災パーセンテージが薄い保障は削り、シチュエーションに適した適切な補償を調達するならば、安心を得られるだけでなく保険料の負担を食い止めることが大丈夫です。

 

 

 

 

トップへ戻る